-塗り方手順-
その2


●塗る前の下ごしらえが出来たので
いよいよ塗りに入ります

塗り方は色分けした下地色に別色を乗算等して
影色をつくり、それを元に塗り進めていきます
だいたいそれの繰り返しです。

その際によく使うのが“レイヤーのグループ化(コマンド+G)”
説明しづらいので気になる人は実際に試してみてください(苦笑)
要はマスキングしたのと同じ効果が得られます。

下ごしらえで色分けしたレイヤー毎に仕上げ
仕上がったらレイヤーをドンドン統合していきます
レイヤー数が多いと重いですしねー

ちなみに塗る際には透明部分の
保護にチェックしてロックをしておきましょう
新規レイヤーをグループ化してそこに塗るのもアリです
どちらもハミ出しを気にせずに塗る事が出来ます。

今回影用に乗せた色です

左の色を下地の肌色に乗算して影色にしています


影色を決めたら影が欲しい部分にざっくり置いて

今回は背景も無いので光源とかはあんまり気にしてません


エアブラシツールなどで馴染ませます


同じように影をもう一段階重ねて
欲しいところに置いて→馴染ませていきます

一段目に乗せた色とはちょっと変えてあります

でもってもう一段階
今回はこの段階で止めるのでグっと濃い色で締めます


ちなみにウチのブラシはこんな感じです

筆圧でサイズと濃さそれぞれの変化(ぼかし有り無し)と
筆圧無効のブラシを各サイズ用意しています
サイズ毎に数を用意してあるのは感覚的にサイズを選べるから
タブレットのスクラッチにもサイズ変更を入れてあります

ちなみに入力ペンの方のサイドボタンは全て無効にしてあります
描きながらペンを回す癖があるので誤爆防止です


一通り塗り終わった後に輪郭部分の一部に反射光的な
表現で明るい色を差します

立体感が増してプリっとした感じに見えませんか?
匙加減はお好みです

肌の仕上げに赤みを差します
赤み用の色を乗算してあります
赤みが入ると艶っぽくなりますよね


肌が終わったら次は目です

白目部分を影色で塗って
影を残しながら白を出していきます

ちなみにあとでハイライトが出るように
白の部分は真っ白にはしていません

(この間に左目の位置を少し修正しました)

でもって瞳です
瞳をベース色で塗ったら

影色を重ねて塗っていきます
重ねている色は青、紫系ですが
瞳孔部分は最後の重ねで少し黒を混ぜてあります
明るい部分に少し白とかも入ってます

左上から右下へ塗り進み

瞳塗りおわり
塗り進みの5枚目と6枚目の間で
(左目の瞳孔の位置を修正しています)


瞳が塗り終わって肌の塗りは一先ず完了です


●他の部位も同じような手順で塗っていきます
残りの部分を塗っていきます



先ずは髪の毛
影を乗せて


整えて


繰返して〜髪の毛完了


次のレイヤーは金属部分

金属的に見えるようにコントラストは若干強めで


コスチュームの各部分

それなりに素材感は意識しています


残りの部分を塗って

これで一次塗りは全て完了

次は仕上げに入ります

-その3へ-